会社紹介


楽器材木屋専門、材木輸入 ハワイアンインポートショップのマイカイウッドハワイは、ハワイのエキゾチックな木材を世界中のお客様に供給する ウインクラーウッズ社(Winkler Woods LLC) と、高品質なソリッドコアウクレレをお手頃な値段で提供するイムアウクレレ (Imua Ukulele) のオーナーが運営する日本のオフィスです。ハワイアンコアやマンゴー材のハワイアン小物雑貨からイムアウクレレ、また、ウインクラーウッズ社が提供する家具材、楽器用材まで輸入販売しております。

会社概要


会社名: 株式会社ウクレレ(マイカイウッドハワイ)
本社住所: 〒483-8127 愛知県江南市小折本町小松原23-2
工房住所: 〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林446
TEL: 0587-54-9151
FAX: 03-4496-4269
E-mail: shop@hiwoodo.jp
コア材収穫地: ハワイ島; 設立: 2002年5月
事業内容: ハワイアンコア材、ハワイアンマンゴ材、ウクレレ、ハワイアン雑貨の輸入販売。
ハワイと日本で、コア材を製材。日本とハワイ間の文化交流への貢献 

資格と賞


• Member: American Chamber of Commerce, Japan
• Board Member: Hawaii Forestry Industry Association
• Board Member: Hawaii Pacific Export Council
(HPEC), appointed by the US Secretary of Commerce.
• Hawaii State Exporter of the Year Award Winner 2017
• National Associations of Music Manufacturers (NAMM)
• Member: Better Business Bureau Hawaii

1800年代後半


私たちの製材と木材供給は、北カリフォルニアで何世代も前に始まりました。

1970年代初期から2000年代


初代ウィンクラーは林業の仕事のためハワイに移転しました。

ジョーマ・ウィンクラーは、世界中でハワイ木材種のマーケティングを開始しました。

2002年5月


ウインクラーウッズ社は、木材、リソーンセット、および突板で世界中の機器メーカーにコア木材を供給するために結成されました。

2003年6月


ウインクラーウッズ社は、ハワイ州とハワイ州の祖国部により、多くの企業の中から選ばれ、マウナケア山6,000標高の斜面にある100エーカー以上のコア森林地帯を収穫、販売、森林再生しました。

2006年10月


ハワイ支店をオープンしました。ウクレレにコアの小さなピースを使用することにより、ジョーマ・ウィンクラーの手によってウクレレの新しい製品が誕生しました。世界的に有名なウクレレのラインアップは、ビッグアイランドウクレレ社と名付けました。

2010年7月


オフィスと倉庫はホノルル中心部に移転しました。主要なショッピングエリア(ワードとアラモアナ)に徒歩圏内です。ここで窯乾燥と二次処理を行います。

2011年


ユニット104からユニット108に移転し、倍の広さに拡張し、木工加工場を追加しました。

2014年


ウィンクラー・ウッズ(ジョーマ・ウィンクラー氏) は、ハワイ州中小企業管理輸出者・オブ・ザ・イヤーに選出され、下院と上院の両方でハワイ州議会議員から賞を授与されました。

2016年


ウィンクラーウッズの家具・キャビネット事業は、カカアコの活性化開発に製品を提供しています。プロジェクト例:新しい国際市場埋葬室の壁の外観(カスタムメイドの翔杉板)。カカアコの「Waiea Nobu」の内壁、翔杉板。808センターで非常に人気の寿司レストラン「Sushi Murayama」のハワイアンマンゴーと杉で製造したダイニングテーブル。「レストランNobu」の壁パネル(翔杉板)。

2019年

ウィンクラー・ウッズは、2018年12月31日現在、カカアコ・ワイマヌ・セントの場所を撤退し、作業工程のミルワーク部分のために地元のハワイの請負業者と協力しながら、コア木材の調達と販売にもっと焦点を当てるためにビジネスを再編成します。ジョーマは、生産のための最高のコアとマンゴーの木とカントを選択し、全体のプロセスを導き、細心の注意を払ってグレード決めをします。ビジネスははるかに合理化されていますが、同時に小売市場に対応ができません。申し訳ありませんが、全てを一度に行うことは不可能です。
フライス物流と突板の流通はワヒアワで行われ、ジョルマはビッグアイランドとの間を移動してコアの流れが安定していることを確認し、日本でも突板を処理、選別、出荷することができます。